マンションはどのように地震に強いのか

2017年に日本で起こった震度1以上の地震は約2025回と気象庁から発表されています。
このように日本では毎日のように地震が起こっているのです。
さらに震度5以上は8回あり、建物に被害が出る可能性もあるのです。
出来るなら、地震で家が壊れることがない「強い家」に住みたいと思うのは誰でも同じことです。
しかし「強い家」とはどのような家なのでしょうか。

建築基準法により、日本では建物を建築するときに地震に対する強度を持たせるように設計しなければならないという義務があります。
現行の建築基準法は1981年6月から適用されているもので、この基準を満たした家を「耐震等級1」とされています。
建築基準法の定める強さよりも1.25倍の強度が「耐震等級2」、1.5倍の強度が「耐震等級3」とされています。
この等級は、一戸建てやマンションなどの建物の種類や木造や鉄筋コンクリート造など関係なく全ての建物に共通している等級ですので、この等級により建物の耐震強度を知ることが出来ます。

耐震等級1の場合、震度6から7の地震の場合、建物が倒壊することはないものの建物の使用が出来なくなる可能性のあるものを言います。
耐震等級2は建物の損傷はあるものの修繕して住み続けることが出来る程度、耐震等級3は大きな修繕を必要としない程度をいいます。
当たり前ですが耐震等級が高いほど地震に強い建物ということになります。

建物そのものの耐震性については、この耐震等級により判断することができると思います。