マンションと戸建てではどちらが地震に強い?

地震に強い家に住みたい。

そもそも地震に強い家とは

マンションの耐震性の種別

新築マンションのチラシなどを見ていると地震に対する対策を謳っているものを多く見かけます。
その中でよく見かけるのが「耐震」「免震」「制震」などの言葉ですが、どんな違いがあるのでしょうか。

耐震とは、文字通り建物が地震に耐えるように設計されているものです。
柱や梁を太く頑丈なものにし、建物の強度を上げることにより地震により建物の倒壊を防ぎますが、地震のエネルギーを直接建物で受けるために地震の揺れは大きいので、家具などが転倒したりします。

制震では、建物内の骨組みに地震のエネルギーを吸収するダンパーを設置して、地震の揺れを和らげるようにしています。
地震の揺れだけでなく強風にも対応しているので、超高層タワーマンションに採用されていることが多いです。

装置を地面に設置し、地震の揺れを吸収するのが免震です。
この構造は、地面と建物が接着されていないので、建物の揺れが抑えられ、家具の転倒も起こらなくなります。

階数別地震に対する備え

ひと口にマンションといっても、低層マンションから高層タワーマンションまで実に様々です。
では地震に強いのはマンションの何階部分なのでしょうか。

阪神淡路大震災ではマンションの1階部分が潰れてしまった建物が多くありました。
それにより1階は危ないのではと思う人もいるでしょうが、その後耐震基準が厳しくなったことあり、現在の新築マンションではそのような心配はなくなりました。

逆にタワーマンションの上層部はどうでしょう。
上層階は倒壊の危険はないでしょうが、地震の種類によっては下層階よりも2倍の揺れが起こることもあります。
また、エレベーターがストップしてしまうので、マンションに取り残される可能性が高くなります。

このように同じマンション内でも階数によって地震に対する備えが変わってくることを理解しておく必要があるでしょう。


この記事をシェアする