マンションと戸建てではどちらが地震に強い?

地震に強い家に住みたい。

一戸建て住宅と地震の被害

一戸建ての構造と耐震

一戸建て住宅といっても、その構造や工法は実に様々です。
主な構造は木構造、鉄筋コンクリート構造、鉄骨構造の3種類ですが、さらに複数の工法があります。
どの構造、工法で建築をしてもメリットデメリットはありますが、ここで大切なのはその耐震性です。
しかし、現在の建築基準法に乗っ取り施工されていれば、どの工法でも耐震性は十分といえるでしょう。
日本の各ハウスメーカーでは構造、工法に関係なく耐震対策をとっています。
中には一つの建物のなかで耐震と免震、耐震と制震というように、2つの対策をしているメーカーもあります。
大切なのは、どの構造、工法ならば地震に強いのかではなく、手抜きなどのない信用のおける施工をしてくれる業者を見つけることなのではないでしょうか。

一戸建ての地震対策

最新の耐震基準をクリアしている建物であれば、その建物の耐震性には問題がないと言えます。
最近の新築物件では、全ての建物がこの条件をクリアしていますので、まず問題はないでしょう。
しかし、中には耐震基準前に建築され、その基準をクリアしていない建物もあるのも事実です。
古い建物で地震が心配…というのであれば、耐震性を上げる耐震リフォームを行うことができます。

耐震リフォームは各建物の構造や間取りなどによっても違いますが、工事の内容としては次のものがあります。
筋違いや柱や梁などが外れてしまわないように金物で固定する。
筋違いがない場合は、筋違いを取り付ける。
構造用合板を壁に張り、壁を補強する。
これらを単独で行う場合と、さらに強度を上げるために併用して行うことがあります。


この記事をシェアする